SEO対策:スローライフ SEO対策:介護
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ED改善レポート







■「読んでおいてよかった」「あきらめないでよかった」など
希望に満ちた感謝の声が続々!

これ一冊ですべてがわかる
「ED-性機能完全回復への道」
医療現場からのレポート差し上げます。(書店では売っていません)

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15X29A+7K348I+GDG+NYWTF

EDというのは性機能障害の一つです。

日本性機能学会では「性欲」「勃起」「性交」「射精」「オーガズム」の
いずれか一つ以上欠けるか不十分なものを男性性機能障害と定義しています。

「性機能障害」は、は決して患者ひとりの病気ではすみません。
パートナーや子孫繁においては家族や親戚まで巻き込むことになります。

現在「完全ED患者」としては、1370万人と言われており全くの他人事で
はなくなりました。

そして人がひとり一人違うように「ED─性機能障害」という病気も一つひと
つそれぞれに個性的です。

一人で悩む前に「ED─性機能障害」に取り組む医師が書いた希望に満ちあふ
れた真実のドキュメントをご一読ください。

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15X29A+7K348I+GDG+NYWTF

最近ではバイアグラの出現により勃起障害に関しては、ある程度の治療が
可能になりましたが一方では、バイアグラで救われないケースが多分にあ
るのも事実です。

そんななかでこのレポートは、EDに留まらず「性機能障害」に悩む方にと
って一光が差し豊な生活を送っていくうえでの情報がいっぱい詰まってい
ます。

男女問わず、「本来の性機能」を取り戻し健全な性生活を送るためお役立
ていただけるのではないでしょうか。

まだ、「性機能障害」に対する差別や患者さんご自身のコンプレックスな
によって病院で受診される方はたったの5%にしか過ぎません。

「もし、EDの症状になったら病院にいきますか?」と健常者に質問したと
ころ「YES」と答える方は約20%程度です。

 このようにまだ、社会的にも受診しづらい状況が読み取れます。

しかし、一人で悩んで手を拱いているわけにもいきません。
 
 性生活の満足にはいろんな選択肢があります。必ずバイアグラを使わな
ければならないということもありません。

 あなたなりに豊な性生活を送るたの情報選択の一つとしてお役立ていた
だければ幸いです。

http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=15X29A+7K348I+GDG+NYWTF


EDになる理由EDになる理由
(2007/11/30)
室田英明、渡辺玄一 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
【2008/02/02 09:46 】 | セカンドライフ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<観音さん | ホーム | 豆まき>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。