SEO対策:スローライフ SEO対策:介護
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告
ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸
ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸ウェブ仮想社会「セカンドライフ」 ネットビジネスの新大陸
浅枝 大志
アスキー 刊
発売日 2007-04-10






入門レベルではないけど、Web2.0との違いと将来性のオーバービュー 2007-06-18


セカンドライフに代表される、ネット上の3D仮想社会の

適当な入門書は他にもありますし、なんといっても、文字ムーブメント

と一番の違いである3D仮想世界は、体験するしかありません。



もちろん、セカンドライフとは何で、そこで誰が、何を行ってきた

のか?何を行おうとしているのか?は、スクリーンショットも多用して

詳細に丁寧に、しかし平易に描かれていますが、それも、やはり

たたみの上で水泳を練習するに似て、水泳そのものではない、というところ

がちょっと書籍で伝えるには苦しいかもしれません。



それよりも、本書では、既存の、Web2.0系(YouTube,mixiなどのSNS,

ケータイメールによるメールでつながった人間関係など)と、この

セカンドライフがもたらすものとの比較を多用しつつ、近未来での

確実な隆盛を予言(というか、期待)していることがキーとなっています。



ネットによってユビキタスな音声と文字、2次元での常時オンという

サイバー時代から、それを超えて、現実と仮想世界の通貨や、アバターを

通じての現実と仮想の融合などが、具体的にどんな使い方をされそうか、

ゲームとは何が違うのか?リンデンラボの向かうところ、など、いくつ

かの現実的なトピックを交えて、展望しているところが、もはや

この世界がお遊びではなく、実世界に影響力を及ぼしていることの証左

となる、と著者は言っているような気がします。



新書ですし、分量的にも手ごろ。文章も平易なのでお手ごろでお奨めです。




さらに詳しい情報はコチラ≫







スポンサーサイト
【2007/07/01 14:37 】 | セカンドライフ | コメント(0) | トラックバック(1)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。